日本トイレ協会メンテナンス研究会公式HP


報告レポート(114回)

「トイレの法則」出版記念講座

日時 :平成19年5月28日(月) 16:00〜18:00
場所 :新宿Lタワー26階 TOTOミーティングルーム
講師 :トイレ磨き隊 アメニティ代表 星野延幸氏

 トイレ清掃業務に特化して15年の「トイレ磨き隊」アメニティの星野延幸さん。
群馬県前橋市に在住しながら、当研究会の会員として、海外に清掃指導に出
向かれるなど大活躍中です。今年(07年)2月にこれまでの経験をもとに「トイレ
の法則」(PHP研究所)という本を全国出版されました。そこで今回は出版を記
念して、これまでの経験やトイレに対するお考えを伺う事にいたしました。


1、私の職歴とトイレの仕事との出会い 
 まずは自己紹介をいたします。私は1955年に生まれ、現在52歳。群馬県の
赤城山の裏側の山の中で18歳まで育ちました。小学校6年生の農作業のバ
イトを筆頭に、建設会社や寝具の販売など様々なアルバイト、職を転々としまし
た。その後トイレの仕事に着手することになりました。途中トイレに携わらない
時期もありましたが、この度、本を出版するにあたり、直近の一年間で磨いた
便器・洗面器数を数えたところ、なんと3000基以上になっておりました。
 トイレに関わったきっかけは、とあるレンタルの会社にいた時に扱った尿石防
止剤があったことです。その後自分が「トイレで食べていく」と決意し、トイレ清
掃の納得の行く仕事ができるようになったのが、トイレに携わってから7年程経
過した時でした。
 

2、トイレ磨きの仕事で気付いた事 
 次に、私がトイレの仕事を通じて気付いた事をお話します。
●法則1 人の嫌がる仕事をする●
 自分もトイレ掃除が嫌でした。自分は学力も学歴もないので、そんな自分が
世の中で認められていくために人の嫌がることをやろうと思ったのです。
●法則2 トイレを磨くと心も磨く●
 私の育った家のトイレは、屋外にあるぼっとん式トイレでした。それがその後、
陶器の便器に変わりました。よくよく考えると、親からトイレの掃除の仕方など
教わった記憶もないことも気がつきます。親自身も生活様式の変化の中でどう
対応していいか分からなかったのではないかと、思われます。
 現在は法人がお客様の中心となっております。「トイレをきれいにしている
か?」が経営トップの考え方が見える部分でもあるなあと実感しております。3
年〜5年のスパンで見ていれば、トイレに対する考え方が経営の結果に繁栄し
ない。しかし、10年という長い期間で見ると結果に繋がります。
 あるお客様の話でこんなエピソードがありました。長年取引していた会社が
経費削減でキャンセルになった時、にも関わらず社長の自宅のトイレ掃除の依
頼を受けました。その時に部下の技術で綺麗にできない部分があり、数日後
に星野さんも伺いました。そこで目にしたものは、トイレだけでなく家の中すべ
てが汚れていたとのこと。つまり、そういった姿勢が経営にも現れてくると感じ
たものです。
 また別の時に、ある新聞社の記者の方のこんな体験がきっかけで取材を受
けました。「就職して間もない頃、仕事や心理状態が良くない時。そんな時にト
イレを掃除すると心も軽くなる。そんな体験を記した星野さんが紹介されている
本を読んでトイレ掃除を実践しました。」と…。仕事も人間関係も前向きに変わ
っていったのです。
 生命保険会社にいた時代もありましたが、保険業界において商品の効果を
納得して買っていただくことは難しいものだと痛感しました。しかしトイレの仕事
は、1便器磨いてみてお客様に納得して頂き、依頼をいただけるストレートさが
あります。それはとても良い点だと思っています。


3、トイレ清掃研修に参加して感じた事
 ところで私は、数々のトイレ清掃研修などに参加したり指導をする機会があり
ました。その中でいろんな思いがよぎりました。
 例えば、あるトイレを磨く会でのこと。素手でやっている方が多くいらっしゃい
ました。手に傷などが無ければ良いが、作業中に怪我することもあるので、い
かがなものでしょうか…。素手の作業にはトイレに対しての抵抗感を無くす意味
がこめられていそうですが、自分はゴム手袋をした方が衛生上よろしいかと思
います、便器がキレイになってからは素手で触っても良いと思いますが…。
 それから、ある小学校での清掃指導では、終了後に父母と子どもと先生が、
お茶やお菓子を食べたり、和気あいあいとした雰囲気で行うことができて、とて
も楽しかったです。
 海外の例では、03年にメンテナンス研究会の活動の一環で訪問した台湾で
のトイレメンテナンス研修で、尿石除去のレクチャーをする時のことです。尿石
除去の目的で薬剤を便器に注入した時に発生する塩酸ガスを吸入しないため
に、私はマスクをしていました。しかし、説明担当として一緒に横にいた坂本菜
子代表は、説明をするためにマスクをしていなかったため、塩酸ガスを吸い込
んでしまい、ひどい喉の痛みにみまわれていました。最近は環境に優しい薬剤
が登場したので、ガスの出ない物も出来、清掃作業者もより安全に活動できる
ようになり、良かったなあと思っています。
 

4、トイレ磨き隊流?便器磨きの極意と提案
 当初から便器を磨くのは「機械で磨く」事を想定していました。そこで自ら磨く
機械を開発に挑戦し、電気ドリルやグラインダーを改造して作っています。これ
らはお客様に対してのプロらしさを意識した配慮でもありました。なぜなら、バ
ケツの中にある道具だけでの作業では「素人の自分でもこれなら出来る」と思
われてしまうからです。最初はホームセンターで買ってきたものを手作りしてい
ましたが、そのうちきちんと製品化するようになっていきました。
 それにより作業性も格段にアップしたものです。例えば、汚れを磨くパットも、
汚れの状況に応じて何種類も使い分けをするという具合です。これらの道具を
開発する時に、金型製作の段階でその業者から「何台作るつもりなのか?」と
聞かれましたが、そんなに大量に売れるものでもないと思ったので、投資額で
非常に勇気のいる決断でしたが、投資して良かったと思っています。
 私がトイレのメンテナンスの技術について思うことは、次のことです。
1、最近作られる便器はコーティング技術が良く、汚れないと思う。2、素手で
作業すべきではない。3、ゴム手袋をする時には裾を折り返すと良い(手袋に
付いた薬剤や水で衣服を濡らすことがない)。4、膝あてをすると良い(便器を
正座した位置で長時間擦るので)。5、手鏡で覗いて便器の見えにくい部分を
掃除すると良い。6、汚れに対して掃除する事(きれいなところをずっと擦ってい
る人がよくいるが、それは違うだろう)。7、洋式便座の裏側は圧着で出来てい
るために、接続部のすき間に尿石がたまってしまう事に気がついた。最近は歯
石をとるスケーラーで取っていますが、コーキングをして、すき間を無くすなど製
品改良を期待したいなどです。
 ※このあと、星野さんの尿石コレクションの紹介をして頂きました(詳細略)。


5、便器メーカーと情報交換をしたい・・・ 
 長年便器を専門に磨いていると、メンテナンス作業員ならではの改善点に気
付きます。
 その一つは、小便器の品番ラベルがあります、ラベルの貼る位置にオシッコ
が垂れて尿石がついてしまうことが多いので、ラベルがその場所になければ尿
石は付きません。だからメーカーの方には、ラベルを貼る位置について検討い
ただきたいと願っています。
 また椀型トラップタイプの小便器では、尿石が付着して詰まってしまう事が多
いため、その椀を切って排水させようとしている現場の方もいらっしゃいます。
相当な労力だがこれでは労力をかける場所が間違っています。これらを付着さ
せないことも大事ですが、トラップを外れやすく出来ないでしょうか…?
 それから、トラップの二重構造の中の尿石(INAX製)はどう取ったらいいか?
悩んでいます。便器メーカーの皆さんと情報を共有して、良い方向に行ければ
と考えています。
 最後に、トイレの法則という本を出させてもらいましたが、これがきっかけにな
って、今後のトイレの環境が益々よくなればと願っています。


6、会場から
 質疑応答では、素手での作業についての議論で盛り上がりました。
 「トイレを磨く=心を磨く」というのは大変結構だが、サンドペーパーなどを使
い、便器の表面を、便器の表面を傷つける可能性があるし、素手で磨くのは衛
生的な面からも、果たして奨励すべきなのか?…と、専門家らしい発言が目立
ちました。(報告者:潟Aメニティ中嶋悦子・アントイレプランナー白倉正子)


●出版物案内
 「トイレの法則」
   〜「トイレ掃除」でわかった!伸びる会社・伸びる人〜
星野延幸著 PHP研究所より 
2007年2月発売  1,200円(消費税別)

●アメニティ星野延幸さんのホームページ
本の購入方法が掲載されています。


自称「トイレ磨き隊」というアメニティ社
の星野延幸さん。トイレにかける熱き
思いを語ってくださった。




星野さんの便器磨きは、
笑顔が絶えない。




同業者の体験談のせいか、
聴衆客も熱心に耳を傾ける…。




トイレ清掃の講座では、星野さんの説
明を参加者が真剣に聞いている。




まさに本格的な便器磨き道具。
これらを手作りする星野さんは
アイディアマン!




便座の付け根に尿石がたまるととりに
くい。歯医者のスケーラーを利用。




小便器の下部にある品番ラベル。
尿石が溜まって見えにくい。




椀型トラップの椀を
切ってしまった様子。




トラップの二重構造の中の
尿石取りはどうしたらよいか?




この本と出会い、「トイレの
仕事をしたい」と申し出てくる
方がいらっしゃるそうですよ。



トップへ
トップへ
戻る
戻る