日本トイレ協会メンテナンス研究会公式HP

目次 「公共トイレ管理者白書」
           公共トイレの管理者(清掃従事者や自治体管理担当者)には、
                     大変喜ばれております。

【ご案内文より】
  
  トイレは、今や集客にも影響を与える重要なサービス設備に
なっており、商業施設や駅、サービスエリアなどの公共的トイレを
設置する地方自治体においても、住民サービスの位置づけから、
最も重要な施設の1つとなっています。
しかしその現状、全体像は十分集約されておらず、その情報は
全く不十分な状況です。
 本書は、各地に設置されている公共トイレについて、初めて本
格的な実態調査アンケートを行い、評価、分析して現状と課題及
び提言をまとめたものです。緊急に実施した新潟中越地震現場
の緊急レポートもポイントの1つです。自治体管理者、清掃従事
者の悩み、要望等の生の声を余すところなく伝え、全国に先進事
例を足で歩いたレポートとして収録し、望まれるトイレ未来論を展
開した貴重な書籍です。


●カラー口絵 
  (世界の公共トイレ/日本の公共トイレ/新潟中越地震レポート)

第一章 ◎データ編:公共トイレは泣いている
             ・・・アンケート実態調査から
  @自治体管理者のこえ
    公共トイレはどう違う?
    誰がこうyこうといれを管理している?
    自治体管理者の困りごとTOP3とは?
    掃除は誰が週何回?
    毎日掃除しているのになぜ臭う?
    トレーサビリティ(管理履歴)はどうなっているか?
    発注仕様書の実態は?)
  A設計者・メンテナンスワーカーの声
    設計者の困りごとTOP3とは?
    設計者は何を重視しているか?
    設計者が望むこと?
    設計者はどこまで現場を理解しているか?
    メンテナンスワーカーの困りごとTOP3とは?
    メンテナンスワーカーの言い分とは?

第2章 ◎レポート編:公共トイレの今日と明日
  @注目の公共トイレ、その現場を歩く
    先進エコトイレ:世田谷区・横須賀市
    山のトイレ:富士山トイレ
    観光トイレ:伊東市
    もてなしトイレ:福島県安達町
    ハイメンテナンストイレ:川崎市・さいたま市
    川のトイレ:松戸市/ボランティアトイレ:八潮市
    バリアフリートイレ:町田市
  A公共トイレはどこへ行く
    どうなる?災害時の公共トイレ:新潟中越地震・阪神大震災事例
    適正配置と有料化への取組み:千代田区・京都市

第3章◎資料編:データから見えてくる公共トイレの実態
  @公共トイレ年表 
  A管理者アンケート詳細データ 
  B設計者アンケート詳細データ 
  Cメンテナンスワーカーアンケート詳細データ

第4章◎企業/製品情報編
      ●「出版物の販売とご案内」へ
      ●「トップページ」へ

戻る

トップへ
トップへ
戻る
戻る