日本トイレ協会メンテナンス研究会公式HP

提案/発表活動一覧

 当研究会では、日本トイレ協会が開催する「全国トイレシンポジウム」や、外部展示会などの参加・出展を行い、研究成果の発表やトイレメンテナンスの重要性について、展示・セミナー・ミニフォーラムなどを通じてアピールして参りました。
 これもさまざまな業種の仲間が協力し合ってこそ魅力のある内容になると自負しております。

「公共トイレ管理技術講座」の開催 2001年6月25日〜26日 東京体育館
 講座内容は「公共トイレをめぐる環境把握」「公共トイレの給排水設備や設計設備」、「トイレメンテナンスの現状」などについて、自治体管理担当者、メンテナンス事業者、トイレ関係業者等約50名が参加、2日間にわたって講座が開催されました。北海道、京都市、いわき市など各方面からの参加がみられ、特に自治体関係者による「公共トイレの維持管理の対策実例」の発表には、興味がそそがれました。「メンテナンスの現状とプロ清掃の技術講座」には今後実務講座の必要性の声も聞かれました。受講者に2日間の講義内容復習の為試験を行ない、修了証が送られました。
第17回全国トイレシンポジウムに参加 2001年11月8日〜9日 さいたま市
 メンテナンス研究会は「トイレ清掃の積算実例から現状を見る…公園・公衆トイレ仕様」について発表、未発表の積算事例に各自治体は非常に関心を寄せ、その後、自治体からの問い合せが多くありました。
トイレ水循環全国シンポジウム
  (第18回全国トイレシンポジウム)
2002年11月11日 京都
 第18回全国トイレシンポジウムには本年も参加し発表を行った。「公共トイレの運営と管理システム」という内容で、全国自治体公共トイレ管理者アンケート調査結果の一部を発表した。
 自治体の管理者が持つ「公共トイレの三大困りごと」や、いまだに理解されない清掃の区別などについて坂本代表が発表した。
日本医療福祉設備学会 HOSPEX JAPAN 2002 2002年11月11日〜16日 東京ビックサイト
 「医療福祉のためのトイレとバス関連製品」展示に有志が出展。この業界へは初めての参加であったが、来場者からは関心がもたれた。
 上記学会の教育セミナーにおいて、「医療/福祉施設の水回り環境のメンテナンス」と題して発表を行なった。
トイレ・水循環国際シンポジウム 2003年3月22日 京都
 水資源が国際的に課題となっているなか、次世代トイレのさまざまな開発が行なわれている。「次世代トイレとメンテナンス」と題して、その全体像の分類と各立地環境における次世代トイレのメンテナンスについて発表を行なった。
世界水フォーラムは京都で開催
大ステージでは水の重要性を訴えた
みんなで水を守ろう!と記念撮影
トイレ・水循環国際トイレシンポジウム
併設 次世代トイレ展示会
2003年3月21日〜23日 京都
 「トイレ・水循環国際シンポジウム」で討議される次世代トイレを実際に展示し、これからの新しいタイプのトイレやメンテナンスの重要性についてのトークショーにも参加した。
トイレ展示の様子(アメニティ社)
トークショーも盛り上がりました ここでもメンテ研の団結が光ります

日本医療福祉設備学界併設 HOSPEX JAPAN2003 2003年11月11日〜14日 東京ビックサイト
 メンテナンス研究会の有志共同出展コーナーを親しみやすい雰囲気に装うべく、各社、スタッフのご協力を得た。展示は新しく出来たシンボルマークを主体にデザインし贈呈を戴いたトイレットペーパーにシンボルマークを配し、ノベルティとし、好評であった。 
シンボルマークが華やかに
セミナーでは実演もありまた
各参加会員の力が結集しました
                                               詳細はこちら→


トップへ
トップへ
戻る
戻る