日本トイレ協会メンテナンス研究会公式HP


本書の目的と活用について



これまでの公共トイレのメンテナンス体制は・・・
非常に立ち遅れており、トイレ建設後のメンテナンスフォローが十分に行われていないところが目立
ちます。それは管理者や設計者にトイレメンテナンスに関する的確な情報が伝わっていないことや
理解不足が大きな原因となっています。管理者、設計者、メンテナンスワーカーは互いに情報交換
を行い、メンテナンスの作業内容やメンテナンス性の良いトイレづくりについて話し合う必要があり
ます。さらに利用者の使い勝手に関する意見も含めて話し合うことで。快適なトイレが維持できるの
です。そこでその情報交換の一助になることを願い、本書を作成しました。

公共トイレのメンテナンスについては
これまで作業内容や作業方法についての基準となるものがなく、管理者が個人の知識の範囲で仕
様を決定しているのが現状です。使用されている用語、内容も管理者ごとにまちまちであり、その
ことがメンテナンス体制の改善の妨げにもなっています。例えば、「定期清掃」という項目をひとつ
取ってもAという管理者とBという管理者では使用内容が全く違っていたり、「特別清掃」という呼び
名で「定期清掃」と同じ内容のことを行っていたりという具合です。また日常清掃、定期清掃以外に
技術者が専門的に行うメンテナンス(プロフェッショナルメンテナンス)の分野については存在さえ知
らない管理者が多く、処置すればきれいによみがえるにもかかわらず、汚れたままになっているの
公共トイレが目立ちます。


本書では、作業の仕様を標準化するとともに、
新しいメンテナンスの分野を紹介し、基本的な清掃まで一つ一つ定義づけています。本書をメンテ
ナンス体制整備の資料として管理担当者にご活用いただければ公共トイレの快適性の向上と建設
や設備の延命にも役立つことでしょう。
本書はトイレのメンテナンスマニュアルとしては内容的にはまだまだ不十分な点がありますが、今
後は本書をたたき台として第2、第3弾と内容を深めていきたいと思っています。


〈公共トイレの定義〉
 公共トイレとは不特定多数の人々が利用するトイレを指しており、戸建てタイプ、施設付帯タイプ
のいずれも含みます。
 本書では主にウェット清掃の場合を意識して説明していますが、「第1章 管理者マニュアル」に
ついては清掃方法に関わらず活用していただけます。
(本書1Pより抜粋)



トップへ
トップへ
戻る
戻る